Season Color Analysis パーソナルカラー診断


ブログを始めて一カ月半。
姉妹で互いのコーディネイトを写真に撮り合い、アップする事を続けていくうちに
段々と自分たちのファッションを客観的にとらえていく様になりました。
そして、東京に生まれて東京で生き、街・WEB・TV・雑誌・流行等から
知らず知らずの内に取り入れて、捨てる事が出来ていなかった既成概念みたいな物。
もしかしたら、いくらオリジナリティを出して好きな服を着ていこうと思っても
そういった物が、私達の中に根づいて少しでも影響しているのかもしれない?と
思うようになりました。
そしてNoriと顔を合わせればいつでも、その事について、話す様になりました。

どうして、The Sartorialist のScott Schmanは、
「東京は、男性の街だね」
と言ったのだろう?
とか

三輪明宏さんの「おしゃれ大図鑑」にあった
カラフルな女性たちが渋谷の街を鮮やかに飾るシーン、見たいよね。
とか

中原淳一さんが描いたような女の人になりたい。
そしてそういうレィディーがたくさん街を歩いたら
もっともっと東京にキラッと艶っとした潤いがもたらされるのに。
とか。
(そうしたら、ヨーロッパの街角みたいになって恋がたくさん生まれるはず)

ではどうしたらそこまでたどり着けるのだろう?
「どこそこのブランド・この着方が流行り」そんな考え方を全て忘れて、
本当の素敵を色んな角度から検証したらどうだろう?

私達が好きなファッションは、女性らしくて、おおむね好印象で、セクシーで冒険心もあって
でも上品、その中に入ると心がウキウキするもの。
個性的だと感じられるもの。生きている事を全身で祝福するようなスタイル…。

だから、そういった世界をたくさん表現していきたい!けれど、実際は
手持ちの服も自分自身も何もかもが未完成で、こうなりたい!という願望の塊。

でもそこであきらめてはいけないから
表現とモチベーションアップの為にこのブログを始めたのだから

今この時点で手持ちの物でやれる事は全部挑戦してみようよ!!!
という事になりました。


・・・・・・・。長かったですね前置き!!
そう、という事で、原点に返って「パーソナルカラー診断」しました!

天気の良い日屋外でジーンズと白キャミ着て、お家にあるありったけのカラフル服
ハンカチ、パパのサッカーユニフォーム、小物、シルバー&ゴールドのアクセサリー
アイシャドウメイクパレット、口紅7本
姿見を持って!!!!!!
新聞の上に広げるー!!


パーソナルカラー診断というのは、ファッションとネットが好きな
女性は知っている方が多いような気がしますが、
自身の肌・瞳・髪色や目鼻立ちについての質問に答えて
似合うお洋服の色や素材を見つけるというテストです。
結果は四種類で、四季に例えられています。
自分に合った色を着ると、肌がぱあっと華やいで美しく見えるんです。
ネットで簡単な診断が出来るので、2~3種類の別のサイトの物を試して
自分のタイプと他の3つのタイプの特徴を見極めるのが堅実です。
私はずっと中学生のころから秋の属性だと思っていましたが
実は冬タイプでした!!!(もうゼンッぜんちがうわ!)
All Aboutの記事に各タイプの詳しい説明があります。

それから、自然光の下で、実際にお洋服を顔に持っていくと、
顔色がくすんで見える色と美人に見える色の違いに気づきます。
それをメモしてテストと照らし合わせるとさらにさらに確実で
もうここまでくると研究の様で面白いものです!



フランスでは、お母さんが娘に「あなたにはこの色は似合わないわ!」だとか
「あなたは鼻が少し低いからこのメイクと髪型にするといいわっ」と
小さいころから若干日本人には辛辣とも思えるアドバイスをすると本で読んだことがあります。
でも、欠点は魅力、といったように
成長した彼女たちは自分たちの特徴を生かして自然で素敵なスタイルをしています。
ファッションは自己表現の形だし、それぞれが一番気分の良いと思える格好をするべき
好きな色を見に付けるべきだと思います。
でもこの診断はひとつの手掛かりとして、とても役に立つものでした。
もしかすると新しい発見があるかもしれないので
ぜひ、カラーレスのメイクアップで日光の下で試してみて!
白日の下に晒すの言葉の通りに、知りたくなかったことも見つけてしまうかも。(毛穴とか)
でも欠点を見つめる事は勇気につながるから、ぜひ目をそらさず考えてみて!


私達は実際・・・・・目の下にクマが浮かび上がる色とそうでない色を発見したり
お店で試着して鏡で見た時と、日光の下で着てじっくり見るお洋服の様子が違うことに気付きました!
これに気付けば衝動買いも防げそう!

そのほかにも発見とお伝えしたいことがいくつかあったので、
また次の記事で書きます。
長くなってしまったので今日はここまで!

読んでくださってありがとうございます☆

XXX







CONVERSATION

0 コメント:

コメントを投稿

Back
to top